【ストレス】そのイライラが肌荒れ・トラブルの原因に

 

「あ。また既読スルーされた」
「これで残業5日目・・・。」
「ご飯を食べたらシンクに運んでよ!」

 

私たちの生活はストレスだらけですよね。ストレスがたまると無駄に甘いものを食べたくなったり、お酒を飲みすぎたり、といいことはありません。ストレスは心だけではなく体を病気にしてしまうこともある恐ろしい存在。一番最初にストレスが影響を及ぼすのが「お肌」とも言われています。化粧品がしみたり、赤くなってしまったりしていませんか?それはストレスが原因の肌の不調かもしれないのです。ストレスとお肌なんて関係があるって言っても大したことないでしょ?と思ったら大間違い。ストレスが原因でお肌が荒れることは医学的にも証明されています。ここではストレスがお肌に悪さをするメカニズムとその対策をまとめてみました。「原因不明の肌荒れ」に悩む人は必見です。

 


ストレスで肌荒れが起きる3つのメカニズムをご紹介します。

 

・ホルモンバランスの乱れ

 

ストレスを溜めると肌荒れが起きやすくなる、その原因はストレスを溜めると分泌される「アドレナリン」というホルモンにあります。アドレナリンは血管を収縮させるため、顔の皮膚へ届く血流が少なくなってしまうのです。血流が減る、ということはお肌に届く栄養分が少なくなるということ。栄養が届かなくなった皮膚は新陳代謝が鈍化し、古い角質がなかなかはがれ落ちないので、老廃物がたまってしまい、炎症を起こすことがあります。古い角質がそのままで老廃物がたまっていると、お肌の色もくすんで見えます。

 

さらに、エストロゲン、というお肌のみずみずしさやハリをキープする女性ホルモンもストレスの影響で減少します。エストロゲンが減少すると、お肌の水分量が減ってしまい外敵からのバリア機能が失われるのです。バリア機能がダウンしてしまったらお肌は花粉や紫外線、化学物質やホコリなどの影響を直接受けてしまい、すぐにダメージを負ってしまいます。そうなると、肌荒れなどの皮膚トラブルが頻発するようになります。赤くなったり、ピリピリしたり、化粧品がしみたり、ちょっとしたことに敏感になったり、という肌トラブルが起きやすくなるのです。

 

 

・ストレスによる胃腸の不調

 

ストレスを感じると胃が痛くなる、という人に多いのが胃腸の炎症が原因の「口周りのトラブル」です。ニキビや吹き出物といった肌トラブルがくちのまわりにだけ起きる、という人はストレスによって胃腸が悪くなり、その影響が出ている可能性があります。ストレスによって直接皮膚トラブルが起きている訳ではありませんが、胃腸が炎症を起こす大きな原因はストレスなので、これもストレスが原因の肌荒れと言えるでしょう。

 

 


ストレスが肌荒れの大きな原因であることがお分かりいただけたところで、対策をご紹介しますね。どれもすぐできるはずなので、試してください。

 

 

・ストレスは週に1回発散させる!

 

一番の対策はストレスをためないこと、なのですがそんなのは無理な話。だからせめてストレスを溜め込みすぎないようにしましょう。タイトルにある通り週に1回、たまったものを吐き出す習慣をつけるのです。カラオケで歌いまくるもよし、映画を見まくるのもよし、スマホゲームをひたすらするのもよし。とにかく、自分が好きなことだけをできる時間を半日ぐらい確保してみると良いです。子供がいるから無理、という人は1時間でも大丈夫です。誰にも邪魔されない自分だけの時間を作ってみましょう。

 

・発散する時間がない人はご褒美アイテムで非日常を演出

 

どうやっても自分の時間は作れない、という人はご褒美アイテムを用意してください。食べ物でも雑貨でも服でも、本でも構いません。自分の大好きなものを買って、それを楽しみましょう。「ちょっと高いアイスでプチセレブ気分」とか「泡のお風呂でリゾート気分」とか。日常の中に非日常を取り入れると楽になるはずです。

 

・スキンケア法を見直す

 

ストレスで肌荒れが起きてしまったら、ストレスを取り除くだけでは健康的な美しい肌を取り戻すことができません。ストレスを発散した上でスキンケア法を見直す必要があります。具体的には低刺激の敏感肌用高保湿化粧品を使うことです。通常の化粧品では、石油系の原料が使われていたり、強い香料が使われていたりするので、敏感になったトラブルお肌には刺激が強すぎて、肌荒れを助長してしまいます。また、通常よりも保湿性が高くなければストレスによってバリア機能が低下しているお肌は、回復できません。だから「低刺激」「高保湿」が売りのスキンケア化粧品を使ってください。有名なのはポーラ化粧品の敏感肌ブランド、ディセンシアです。格安サンプルがありますので、試してみると良いですよ。

 


ストレスを溜めるとホルモンバランスが崩れ、肌荒れを引き起こします。日々のストレスはためないこと、そして適切なスキンケアを行うことが大切です。とは言っても面倒臭いスキンケアは必要ありません。いつもの化粧品を敏感肌用化粧品にチェンジするだけでオッケーです。肌荒れから解放されたら、ストレス漬けの生活もちょっと華やぐはずなので、ぜひ試してみてくださいね。