乾燥性敏感肌とストレス性敏感肌の違い・お手入れ方法

 

自分は乾燥肌…そう自負している女性は多いといいます。ですが、敏感肌の種類はひとつだけではなく、正確には乾燥性敏感肌とストレス性敏感肌に分類され、それぞれに原因が異なります。ところが、どちらも見た目は同じような乾燥肌の状態になるので、なかなか見分けがつきにくいかもしれません。私はどっちのタイプの乾燥肌?と迷ったら、普段のスキンケア方法や生活習慣などを振りかえり、どちらの乾燥肌に分類されるのか、ご自身で分析してみましょう。

 

■乾燥性敏感肌とストレス性敏感肌の原因と対処法

 

それでは、乾燥性敏感肌とストレス性敏感肌の原因や違いについて、簡単にご紹介することにします。

 

・原因や違いについて

 

 

まず、あなたは1日2回以上、洗浄力の強い洗顔料で洗顔を行っていないでしょうか?特に皮脂分泌が多い方やニキビが気になる方の場合では、余分に皮脂分泌を抑えようと、強い洗浄成分が配合された洗顔料で何度も洗顔を行ってしまうことがあるのではないかと思います。ですが、皮脂は取り過ぎれば取り過ぎるほど分泌が多くなり、いつまでたっても問題を解決することができなくなります。

 

また、ピーリングケアは古い角質除去に効果的で、ターンオーバーの促進に役立ちますが、やはり頻繁に行ってしまうと角質層を取り過ぎてバリア機能が失われ、お肌が乾燥しやすくなるだけではなく、外部からのちょっとした刺激にも敏感に反応する状態となります。このように間違ったスキンケアで起こる乾燥肌を、乾燥性敏感肌と呼びます。

 

 

 

一方で、お肌が乾燥しないように気をつけてスキンケアを行っているのに、なぜかお肌に乾燥が起こってしまうことがあり、これは外部からのスキンケアに問題がある可能性は低く、ストレスによって起こる血行不良や免疫力の低下が原因となって起こる可能性が高いと考えられ、これをストレス性敏感肌と呼びます。ストレスでイライラした状態が続くと、筋肉は自然に委縮して、これが血流を妨げ、ストレス性敏感肌を招いてしまうということですね。

 

 

・対処法

 

まず、乾燥性敏感肌の可能性が高い方は、スキンケアの方法を見直しましょう。過剰な洗顔やピーリングを行ってきた方がいきなりこれを止めると、一時的に皮脂分泌が多くなってお肌のべたつきを感じることがあります。

 

ですが、ここで我慢できずに元のスキンケア方法に戻してしまうと、また、お肌のバリア機能が壊されて、敏感肌へ逆戻りです。乾燥性敏感肌を改善するためには、過剰な洗顔やピーリングを止めて、正しい方法でスキンケアを行うことが大切です。また、ストレス性敏感肌の方の場合では、ストレスの原因をすぐさま取り除くのは難しいと思いますので、浴槽でゆっくりと身体を温めて筋肉をほぐす、寝る前にはよけいなことを考えないなどの工夫が必要です。

 

そして、どちらのタイプの乾燥肌であっても、毎日使用する基礎化粧品選びは慎重に行う必要があります。敏感肌となってしまったからには、化学合成物質が配合されていないか、低配合の保湿化粧品を選び、洗顔後には必ずこのような基礎化粧品でお肌を保護してあげることが大切です。

 

 

■乾燥性敏感肌&ストレス性敏感肌におすすめの基礎化粧品は?

 

 

敏感肌の方の場合では、基礎化粧品に配合されている成分に対して過敏に反応することが考えられますので、以下のポイントに気をつけて基礎化粧品を選んでみましょう。

 

・乾燥性敏感肌とストレス性敏感肌の人の基礎化粧品選びのポイント。

 

敏感肌の原因は、過剰な洗顔やピーリングなどの間違ったスキンケア、またはストレスによる血行不良や免疫力の低下ですので、それぞれに心当たりのある方は、まずご自身でできる範囲で、それらの改善を行ってみましょう。特にストレス性敏感肌の方の場合では、ストレスをいつまでも溜めこんでいると乾燥肌が進んで小じわが目立ってくることがありますので、お風呂でゆっくり温まったり、十分な睡眠を取るなどの工夫も大切ですが、ときにはヘッドスパなどへ行って、ご自身にご褒美を与えてあげることも大切ですよ。

 

それに加えて、低刺激・高保湿の基礎化粧品でスキンケアを行う必要がありますので、「お肌に悪影響を及ぼす化学合成物質が配合されていないか、配合量が少ないもの」、「高保湿成分がきちんと配合されているもの」を基準に、あなたのお肌にあった基礎化粧品選びを行ってみましょう。また、もともとなんらかの成分に対してお肌が過敏に反応してしまう方の場合では、ご自身がアレルギー反応を起こす可能性のある成分が配合されていない基礎化粧品を選ぶことが大切です。もしもアレルギー成分がわからないのであれば、皮膚科でアレルギー検査を受けてみましょう。アレルギー検査は採血式で、約1週間後に検査結果を知ることができます。

 

それでは次に、敏感肌の方におすすめの基礎化粧品をご紹介することにしましょう。今回おすすめするのは、敏感肌に特化して作られた、ディセンシアシリーズの基礎化粧品です。ディセンシアシリーズは、「つつむ」、「アナヤス」、「サエル」の3種類がラインナップしています。

 

 

「つつむ」
シンプルなベーシックケアのためのシリーズで、クレンジングや洗顔料、ローション、クリームなど、全9種類の製品が包囲されているほか、パーツケアのためのリップエッセンスやハンドクリームも用意されています。

>>とにかく保湿に特化!つつむ使用感はこちらで♪

 

「アナヤス」
アンチエイジングケアに力を入れたシリーズで、敏感肌ケアとエイジングケアを同時に行うことができる”トリプルリペアシステム”を導入、通常のセラミドの約4倍の浸透力を持つセラミドナノスフィアが、あなたのお肌にしっとりとした潤いを与えてくれます。

>>エイジングケアもできる!アヤナス使用感はこちらで♪

 

 

「サエル」
ホワイトニングケアを行うことができるシリーズで、”ホワイトサイクルシステム”を導入、セラミドナノスフィアと天然由来植物成分力で、優しい美白効果を期待することができます。ディセンシアシリーズは公式サイトから購入することができ、トライアルセットが用意されています。

>>敏感肌用でも美白できる!サエル使用感はこちらで♪

 

「つつむトライアルセット(泡立てネット付、送料無料)」…1,470円(税込)
「アナヤスライアルセット(送料無料)」…1,480円(税込)
「サエルトライアルセット(送料無料)」…1,480円(税込)

 

それぞれたっぷり10日間使うことができますので、まずはトライアルセットでディセンシアシリーズの効果を確かめてみてはいかがでしょうか。