敏感肌洗顔ランキング@M子が洗顔料の選び方・方法を伝授!

敏感肌必見!!しっかり汚れを落とし潤いを逃がさない洗顔・メイク落としの選び方

 

敏感肌とは肌のバリア機能が低下して、肌を守る働きや外部からの刺激を受けやすくなっている肌の状態のことを言います。そんな時は化粧品を使うとヒリヒリ、洗顔をしようとしても水が肌に触れるだけでもピリピリ…そんな時にはメイクはもちろん、洗顔すらしたくないと思ってしまいますよね。しかし実際問題、オフの日ならノーメイクで過ごすこともできると思いますが、普段の日に女性がメイクもしないで過ごすなんてなかなかできないですよね。そこで、潤いを守りながら汚れもしっかりと落とす思います、メイクの落とし方と洗顔方法をご紹介したいとおもいます。敏感肌の方や肌が弱くてお困りの方は、ぜひ参考になさってください。

 

 

M子のおすすめ!敏感肌用洗顔メイク落としランキング
肌に優しく潤いを逃さない洗顔料とメイク落としの選び方
朝は「ぬるま湯洗顔」

 


ディセンシア「つつむ」トライアル使用感口コミ!効果あり?

 

 

「DUOザクレンジングバーム」@毛穴・角栓の効果を口コミ

 

 

高保湿「ノブV」@皮膚科医おすすめの効果・口コミ検証!

 


◆肌に優しく潤いを逃さない洗顔料とメイク落としの選び方

 

・メイク落とし
オイル、ジェル、クリーム、ミルク、リキッド、ジェル、ローション、バームなど様々なタイプのクレンジングがあります。さて、肌が敏感なあなたは、メイクを落とす時にどんなクレンジングを使っていますか?クレンジングは構造の違いや、油分と界面活性剤、水分の違いによって大きく分けると3つに分けることができます。

 

油になじむ…オイル
水になじむ…クリーム・ミルク・ジェル
両方になじむ…リキッド・ローション・バーム

 

 

油分になじむオイルタイプのクレンジングは、油分を落とすために界面活性剤が多く含まれています。界面活性剤は油分のメイクを浮き上がらせ汚れを落としますが、洗浄力が強いものが多く肌への刺激も強いことから肌荒れや乾燥を引き起こしてしまうのです。しかも、オイルタイプのクレンジング粘度が低くサラサラしているものが多いので、肌になじませる時に指の力が肌に加わりやすく摩擦が大きくなりやすいんですよ。

 

しかし、オイルタイプのクレンジングのみに界面活性剤が含まれているわけではありません。油性であるメイクを落とすのがクレンジングの本質なので、どのクレンジングにも界面活性剤は使われておりますが、肌に対する優しさを考えるのなら、クリーム、ミルク、ジェルを選ぶことをおすすめします。また、クレンジングと洗顔が一度で済むバームはW洗顔不要なので、肌への摩擦を軽減できておすすめなんですよ!

 

 

・洗顔料

 

敏感肌の方におすすめの洗顔料は固形の洗顔石鹸です。
洗顔で、しっかりと汚れを落とすことは大切ですが、それは余計な皮脂や汚れのことです。洗顔フォームや泡タイプの洗顔料などは、洗浄力が高いものが多いので必要以上に皮脂を落としてしまい、肌の水分と油分のバランスを崩してしまうことがあります。しかし、洗顔フォームなども低刺激のものがあるので、全てが悪いとも限りません。毎日使うものだからこそ、きちんと選んで使うようにしましょう。そして、洗顔石鹸にしても洗顔フォームにしても、洗顔ネットでふわふわの泡を作ってゴシゴシ肌を擦らず、優しく洗顔するようにしましょう。

 

また、洗顔のときに気をつけなくてはいけないことがあります。熱いお湯や冷たい水での洗顔は避けましょう。お湯の熱さが肌へ刺激をあたえてしまいますし、皮脂を必要以上に落としてしまいます。逆に冷たい水の洗顔も、急激に肌を冷やすことで乾燥の原因を作ってしまいます。洗顔に適しているのは、体温より少し低い温度の「ぬるま湯」なんです。しかし、いくら「ぬるま湯」で洗顔をしても、長時間洗顔するのは肌に洗顔料と指の摩擦の刺激をあたえることになるので、洗顔する時間の目安は1分程度にしましょう。

 


◆朝は「ぬるま湯洗顔」

 

有名な女優さんやモデルさんなどが取り入れている「ぬるま湯洗顔」って知っていますか?「ぬるま湯洗顔」とは、文字通りぬるま湯で洗顔することです。敏感肌の方の肌は非常に乾燥していて、少しの刺激でも荒れてヒリヒリしてしまいます。夜はメイクや1日の汚れを落とすためにクレンジングや洗顔料を使うと思いますが、朝は「ぬるま湯洗顔」で十分なのです。「ぬるま湯洗顔」は、皮脂を必要以上に落としてしまう心配もありませんし、肌の水分を守ってくれる効果もあるんですよ!

 

 

洗顔方法は、とっても簡単。体温よりも少し低い温度の「ぬるま湯」で、パシャパシャと肌を擦らないように気をつけながら洗うだけです。洗い終わったら、柔らかいタオルで優しく水分を取り、化粧水でしっかりと保湿してあげましょう。潤いを逃がさない洗顔・メイク落としの選び方は参考になりましたか?洗顔料やクレンジングは低刺激のものににこだわることも大切ですが、洗顔の時の水の温度や洗顔方法などにも気をつけて、潤いある肌を目指しましょう。

 

 

汚れはしっかり落とし、潤いたっぷりのお肌にする>>人気No1、ディセンシア・つつむはこちらカラ♪