敏感肌乳液・クリームランキング@保湿力No1をM子が評価!

 

M子のおすすめ・敏感肌用乳液&クリームのご紹介!水分をしっかり閉じ込めて潤い肌に♪

 


敏感肌のスキンケアは、とにかく保湿が大切です。化粧水でたっぷりと肌を潤したら、乳液やクリームで肌に蓋をして水分の蒸発を防ぐことが重要〜!そんな敏感肌さんにおすすめの、高保湿で低刺激の乳液とクリームをご紹介したいと思います。乳液とクリームの違いや役割にも注目して、ぜひ使い方の参考にしてください。

 

M子のおすすめ!敏感肌用乳液&クリームランキング
敏感肌のスキンケアは乳液よりクリームを使うべき?
クリームでたっぷり保湿をすれば美容液は使わなくてもいいの?

 


ディセンシア「アヤナス」枯れ肌に効果!@トライアル&BB
小林製薬「ヒフミド」@お試しセットの口コミ・効果は本当?
ディセンシア「つつむ」トライアル使用感口コミ!効果あり?

 


◆敏感肌のスキンケアは乳液よりクリームを使うべき?

 


毎日使っているスキンケアだけど、意外とその違いや役割って知らないことが多くないですか?化粧水や美容液だけ使っているという人は、実はとっても損しているんですよ!では、まず化粧水・乳液・クリームも役割について説明していきたいと思います。

 

・化粧水
主な役割は水分を補い、肌の調子を整えることです。洗顔をすると肌の汚れだけではなく、肌の保湿には欠かせないセラミドまでも洗い流してしまいます。肌は水分が蒸発して乾燥した状態になってしまうので、化粧水をつけ、失った水分を補給してあげます。

 

 

・乳液
主な役割は保湿作用と、肌に膜を作ることです。適度な油分で肌に蓋をして、水分が蒸発するのを防ぎます。また、乳液には肌を柔らかくする効果もあり、それによってキメも整います。

 

 

・クリーム
主な役割は肌に膜を作り、肌を柔らかくしてくれます。乳液よりクリームの方が油分が高いので、その分保湿力もあり、肌の水分蒸発を長時間防いでくれます。

 

 

たっぷりの化粧水で肌に潤いをあたえても、乳液やクリームなどでしっかりと蓋をしないと、肌の水分は蒸発してしまうんです!!

 

では、化粧水の後は乳液とクリームのどちらを使うと効果的なのでしょうか。それとも、乳液とクリームどちらも使った方がいいのでしょうか。

 

乳液は水分量が多いので化粧水となじみやすく、その後に使うクリームをなじませやすくする役割をもっています。保湿は複数のアイテムを使うことで強化されるため、両方使うと保湿力は上がります。

 

しかし敏感肌の場合、肌がピリピリしている状態では何度も肌を触ることは避けたいものです。それに日中にクリームを使うと、しっとりし過ぎてしまいますし、ファンデーションなどがヨレてしまう場合も・・・
なので日中は基本的に乳液を使い、乾燥が気になる目元や口元だけクリームを重ねてつけたり、夜はクリームでたっぷりと保湿をしてあげるなど、その時の肌の状態やつける場面により使い方を変えてあげるといいでしょう。
例えば乾燥がひどい場合などは両方使ってみたり、どちらをつけるか決めたり、量などを調整してあげるのです。

 


◆クリームでたっぷり保湿をすれば美容液は使わなくてもいいの?

 

 

化粧水は失った水分を補給しますが、美容液は潤いだけではなく肌のみずみずしさを保ってくれます。そして最近の美容液は、とても種類が多いですよね。保湿だけではなくエイジングケアや美白、ニキビケアの商品など様々で、敏感肌でも安心して使える敏感肌専用の美容液もあります。自分がその時に必要な美容液を選んで使うことができるんです。

 

なので、いくらクリームでたっぷり保湿したとしても、美容液は使った方がいいですよ♪基本は化粧水+クリーム(乳液)ですが、化粧水で肌にたっぷりと水分を補給してあげた後に、美容液で贅沢に保湿や美白、エイジングケアなどをして、最後にクリームや乳液で蓋をして水分の蒸発を防ぎ美容液の成分を肌にギュッと閉じ込めてあげるのが理想です。基本のケアに+αで、肌は確実に見違えるほど変化します。

 

化粧水・美容液・クリーム・乳液はそれぞれ違う役割があり、全てを上手に使うことで自分の理想の肌へ近づくことができるのです。それぞれの役目がわかると、季節の変わり目や肌の調子によって使い分けがしやすくなりますよね♪化粧水や美容液だけでは、効果は半減してしまうどころか意味がなくなってしまいます。クリームや乳液で、しっかりと蓋をしてあげ、みずみずしい潤いのある肌になってください♪

 

 

敏感肌特有の枯れ肌にアプローチ!>>人気No1高保湿クリーム、ディセンシア・アヤナスはこちらカラ♪