肌年齢が見た目年齢を左右する!たるみ肌・たるみ毛穴の改善策

 

若く見られる人は肌が若い!

 

年齢を聞いてビックリしたことってありますよね。年齢より若く見える人、老けて見える人がいますが、みなさんどんなところで判断していますか?服装、体型、髪、肌、トータル的に判断しますがやっぱり重要視するのは肌ですよね。落ち着いた雰囲気の人でも透明感とハリのある肌は若く見えますし、若い雰囲気でもたるみやくすみがちな肌では老けて見えます。

 

特にたるみがあるとイキイキとした表情が作られにくいので全体的に暗く、老けた印象になってしまいます。老け顔に見えるたるみ肌・たるみ毛穴の原因と、肌年齢を若返らせるための改善策についてお話します。

 

なぜたるむ?お肌のメカニズムとさまざまな原因

 

肌のたるみは老化だけでなく様々な原因が考えられます。肌弾力の低下や表情筋の衰え、紫外線や乾燥、ストレス、姿勢、生活習慣などがあります。肌のたるみはパンッと空気が入っていた風船の空気が抜けてゴムが伸びて下にしぼんでしまったような状態です。

 

 

・肌弾力の低下

 

若いころの肌は皮膚の内部では細胞分裂が盛んに行われ肌のターンオーバーという肌の生まれ変わりの周期によってハリのあるみずみずしいお肌が作られていきます。肌表面の表皮は大きく分けると表皮、真皮、皮下組織の3層からできています。肌のハリは真皮部分をコラーゲンとエラスチンが鉄骨とジョイントのように張っていることで保たれています。

 

20歳を過ぎたころから歳を重ねるごとにターンオーバーの周期はだんだん遅くなり、表皮は薄くもろくなってしまい、真皮のコラーゲンやエラスチンの生れる量も減少していきます。それにより支える部分が乏しくなり弾力性がなくなり、皮膚自体が垂れさがって行きます。コラーゲンやエラスチンは紫外線によっても破壊されてしまいます。紫外線の中でも波長の長いUVAは雲やガラスも通過し、肌の真皮まで入り込みダメージを与え、肌弾力を低下させてしまいます。

 

・表情筋の衰え

 

表情筋は皮膚を支える働きを持っています。表情筋があまり使われていないと顔に脂肪がつきやすくなります。顔に脂肪がつくとさらに皮膚が重くなりさらにたるみやすくなります。笑うことの少ない方、口をあまり動かさずに話す方は表情筋が衰えやすいので注意です。

 

 

・姿勢

 

猫背や前かがみの姿勢がほうれい線やたるみの原因になっています。背中が丸くなると顎が前に突き出るため首の前の筋肉が下に引っ張られ、首の後ろにある筋肉は縮み後頭部の皮膚まで引っ張られます。互いに皮膚が引っ張り合い顔の筋肉が下へ下へ引っ張られてしまい顔のたるみや首のシワになってしまうのです。

 

最近ではデスクワークや携帯電話などの姿勢が顔のたるみが起きやすい姿勢になっていることが多いので若い人でも顔にたるみがある人も増えているそうです。

 

 

たるみはじめを見つけるポイント

 

たるみはひどくなればなるほど改善が難しいです。酷くなる前にたるみケアをしていかなければなりません。たるみはまず毛穴をよく見てみるとわかります。円形のはずの毛穴が伸びてスジのようになってきていると肌がたるみ始めた証拠です。

 

まずは毛穴がたるみ小じわがたくさんできてきます。シワができた後にたるみが現れ、ほうれい線などさらに深いシワにもなっていきます。

 

 

たるみ肌・たるみ毛穴の改善策は?

 

肌のたるみを改善するには内側と外側からのケアが大切です。毎日の生活の中でできるたるみ防止対策をご紹介します。

 

 

・表情筋エクササイズ

 

口を大きく開けて「あ・え・い・お・う」と発音します。ひとつひとつ表情筋の動きを意識しながら口を動かしていくことがポイントです。

 

 

・ほうれい線プレス

 

口を閉じたまま舌先を歯の外側に沿わせて時計回り、反時計回りに回していきます。一周を10秒くらいかけてゆっくり回していきます。ほうれい線を内側から押し出すようなイメージです。

 

 

・マッサージ

 

リンパの流れに沿ってマッサージすることで老廃物や脂肪を蓄積させないこともたるみ防止になります。また、血行が良くなることで栄養や酸素が運ばれやすくなり、脂肪が蓄積されにくくもなります。マッサージは乾いた肌に直接してしまうと摩擦となってシミやくすみ、肌荒れにつながってしまうのでクレンジングやマッサージクリームを使うことがおすすめです。

 

>>おすすめ!保湿成分たっぷりのクレンジングバーム口コミはこちら♪

 

 

・生活習慣

 

十分な睡眠は健康な肌作りには大切です。喫煙も煙草に含まれるニコチンが血行を阻害するため皮膚の働きを衰えさせてしまいます。

 

・食事

 

コラーゲンやエラスチンのもとになるビタミンやミネラルを多く含む食品を積極的に摂ることも内側からたるみを防止していくひとつです。納豆や牛筋、鶏の皮などが顔のたるみ解消に効く食べ物の代表です。特に肌は夜作られていくので夕食に取り入れると効果的です。

 

・スキンケア

 

スキンケアで大切なのは紫外線対策と保湿ケアです。紫外線は肌のハリの基礎のコラーゲンやエラスチンを破壊してしまいます。普段から日焼け止め等で紫外線対策をしましょう。たるみの大敵は「乾燥」です。乾燥していると肌のハリやツヤが失われ、結果的にたるみにつながってしまいます。スキンケア選びには高保湿、さらにハリを増加してくれる成分が含まれたものを選びましょう。

 

【ハリを増加してくれる成分】
・ビタミンC誘導体
・レチノール
・コラーゲン

 

【高保湿成分】
・セラミド
・ヒアルロン酸

 

 

ハリ感をアップしてくれるおすすめスキンケア

 

ディセンシア アヤナス

 

コラーゲンを生み出す”線維芽細胞”を活性化させることで、コラーゲン産生量を170%までアップしてくれます。更にナノ化したセラミドで保湿してくれます。ハリ、潤いを与えてリフトアップしてくれます。お得なトライアルセットもあるので気になったら試してみてください!

 

>>アンチエイジング用化粧品アヤナスの口コミはこちら♪