肌冷えは危険信号!冷えは肌荒れ・くすみを引き起こす! 

■「美肌から遠ざける肌冷えとは?気になる原因と症状」

 

あなたは冷え性ですか。実は、女性の約半数以上は冷え性を自覚しているといわれ、年中何かしら「冷え」に悩まされているという人が多くいます。手や足が冷たいことで冷えているなと実感する人が大半だと思いますが、実はこの時、同時に肌も冷えてしまっているのかもしれません。「肌冷え」は、美肌には大敵であり、老け顔を引き起こす原因となります。肌には、たくさんの毛細血管が通っており、血流の良し悪しは顔色に大きくかかわりを持ちます。血流がいいと、肌に充分に栄養分がいきわたり、肌の温度が上がるため、新陳代謝が活発になってターンオーバーがスムーズになります。

 

ターンオーバーとは、お肌の生まれ変わりのサイクルのこと。肌は、3層に分かれ、さらに一番表面の表皮層が4つの層から成り立っています。ターンオーバーは一番底の基底層から新しい細胞となり、徐々に上に押し上げられていく仕組みです。表面の層は角質層と呼ばれ、洗顔などで垢として自然に剥がれ落ちていくことで、どんどん細胞が生まれ変わっていきます。お肌の新陳代謝であるターンオーバーのサイクルは、約28日間。

 

しかし、年齢を重ねるごとに新陳代謝が落ちることなどから、そのサイクルは徐々に伸びていき、お肌の生まれ変わりが完了するまでに時間がかかるようになります。

 

 

まず、現れてくるのがくすみです。肌の表面に角質がたまったままになると、肌の透明感が薄れて、顔色が悪く見えてしまう原因となります。

 

また、シミは、ターンオーバーのサイクルがスムーズだと、きちんとメラニン色素が排出されますが、肌に留まったままだと色素沈着を起こし、シミの色が濃くなったり、数が増えたと感じるようになります。また、角質はいわば死んだ細胞なので、それが蓄積することで肌の表面はごわつき、触った感じも硬く、肌触りが悪くなります。

 

角質が厚くなると、毛穴をふさぎます。すると、毛穴から分泌された皮脂がうまく排出されず、角質層に出口を阻まれて滞ってしまうため、毛穴で炎症を起こし、ニキビや吹き出物ができる原因となります。さらに、乾燥も、肌冷えが原因となって引き起こされています。肌細胞の間には、セラミドという細胞間脂質があり、この水分を保持する機能が潤いやバリアとなって肌を守っています。セラミドは、ターンオーバーとともに生み出されるものであり、ターンオーバーが滞ることでセラミドはどんどん減少してしまうため、肌に水分や油分が不足し、乾燥を感じるようになります。これがいわゆる、乾燥肌の状態。

 

また、セラミド不足で皮膚の滑らかさが失われてしまうため、キメが乱れ、外部からの刺激を受けやすくなり、赤みやかゆみなど、トラブルを引き起こしやすくなってしまいます。このバリア機能が低下した状態が敏感肌です。季節の変わり目の乾燥した風や、花粉、空気中の汚れた物質やガス、最近などの成分が入り込みやすくなり、ちょっとした刺激でも大きなダメージとなり、肌荒れを起こしてしまうのです。ターンオーバーに必要なのは、新陳代謝が活発に行われることと肌への栄養。

 

肌が冷えて毛細血管が収縮してしまうことで、新陳代謝が落ちてしまい、肌に栄養がいきわたりにくくなることで様々なトラブルがおこります。肥厚した角質層により化粧水や美容液が浸透しにくくなるため、例え高保湿機能のあるスキンケア化粧品をたくさん使っていても、思ったように効果が上がらないというのも、ターンオーバーが滞ることによって起こる悩みの一つ。水分不足は、肌の弾力も低下させるため、たるみ、ほうれい線などのエイジング現象が表れてきます。ですから、最近しわが深くなったとか、顔全体がたるんできたと感じる人は、潤い不足が原因なのかもしれません。

 

 

■「肌冷えが肌の老化を速め老け顔に。今から出来るスキンケアをご紹介!

 

ターンオーバーは、お肌を健康で若々しい状態に保つのにとても大切な働き。このサイクルをスムーズに進めるために、新陳代謝を促し、肌の温度を上げることのほかに、ぜひ心掛けてほしいのが、しっかりと保湿することです。表面の角質層が乾燥し、硬い状態であれば、自然と剥がれ落ちにくくなってしまいます。ですから、肌の表面に水分を補って柔らかくして、ターンオーバーの「手助け」をすることで、肌細胞の生まれ変わる力をサポートすることができます。

 

ターンオーバーが滞ってしまっているのは、肌冷えもそうですが、保湿が十分でないということもその原因の一つなのです。たっぷりの化粧水で水分を与え、まずは肌の表面からしっかりとスキンケアしていきましょう。化粧水だけではなく、オイルや美容液など、高保湿の成分が含まれたものを取り入れることもおすすめです。

 

そして忘れてはいけなのが、しっかり蓋をすることです。しっかり水分を与え、肌に良い成分を入れてあげても蒸発してしまったら意味がありません。忘れずに、乳液やクリームを使い、水分や有効成分が肌から出て行かないように蓋をしてあげてくださいね。ターンオーバーを正常化させることができれば、自然と肌のトラブルも改善していくもの。肌の表面温度を上げるためには、温かいものを食べるとか、体を動かすなど、体全体の新陳代謝を上げていくことも大切ですよ。しっかりと保湿することを心掛ければ、アンチエイジング対策は成功しますよ。

 

>>肌冷えからくるお悩みにおすすめのエイジングケア化粧品アヤナス・口コミはこちら♪